台風・風災
大雨・水害
雪害!
落雷・雹!

ご存知でしたか?

災害直後はもちろん、災害後、時間がたって見つけた破損や劣化も火災保険の対象となるケースは多々あります。

保険料は一切上がりません!

自動車保険とは違い、保険を使うと保険料が上がるということは一切ありません。

何度でも申請が可能です!

過去に申請された方でも、申請は可能です!リフォームをお考えの方は、是非ご検討ください!

申請のサポートもOK !

申請に必要な書類の作成や、対応方法などをご案内します!
お気軽にご相談ください!

火災保険の補償内容には多くの天災が含まれます!

火災保険の補償内容には多くの天災が含まれます!

(出典︓東京海上⽇動⽕災保険「住まいの保険」パンフレットより抜粋)
保険会社により、補償内容は異なりますので、ご加⼊中の保険内容をご確認ください。

よくあるご質問

  • Q1保険料が上がることはありませんか?
    A上がりません。理由としては、車両保険を思い出してみてください。停車中に衝突されるなど、過失割合が10:0の場合は、車両保険でも等級は変わらず、支払いが上がることはありません。
    火災保険も、自然災害は、家主に過失はありません。だから、何度申請しても、保険料が上がらないのです。
  • Q2保険料で別のリフォームはできますか?
    A保険料はあくまでも被災箇所の修繕に使うものです。ただし、施工箇所の近くで同時作業でできることであれば、お受けできるものもあります。
  • Q3どんな保険会社でも申請できますか?
    A一般的な保険会社、共済保険等であれば、保険申請は可能です。ただ、まれに契約内容によって申請できない場合がございます。詳しくはお問い合わせ下さい。
  • Q4集合住宅でも対応できますか?
    Aもちろん可能です。賃貸住宅の場合は、空室対策、物件価値の向上にも効果的です。
  • Q5地震保険も加入していますが、それも申請できるんですか?
    Aもちろん可能です。地震保険は見舞金という形となり、火災保険とは異なり使途は自由です。

取扱いメーカー

取扱いメーカー