シーリング工事

シーリング工事

シーリング工事(コーキング工事とも言います)とは外壁のつなぎ目や、窓サッシと壁とのつなぎ目などを、柔らかいゴム状のシーリング材で埋める工事です。建物の防水として必要なこのシーリングは、劣化するとシーリングが硬くなったり、やせたりヒビ割れを起こします。そうなると、雨水が侵入するリスクも高まるため、定期的な修繕が必要になります。

◎ ポイント

耐用年数は紫外線や雨の量など使用場所によっても前後しますが、10~15年程度です。
シーリング工事には足場が必要になるため、塗装や修繕工事の際に、同時に打ち替えをした方が低コストで済みます。

ヒビ割れ補修

ヒビ割れ補修

ヒビ割れの補修には、いくつか方法があります。
軽微なものは、上記のコーキング材で補修することもありますが、シーリング充填、エポキシモルタル補修、模様付けで下地処理などをして、補修あとが目立たないように処理することが大半です。

シーリングの
打ち増しと打ち直し

シーリングの打ち増しと打ち直し

既存のシーリング材をすべて除去し、新たにシーリングを打ち直す場合と、既存のシーリングの上に新しいシーリングを打つ打ち増しがあります。
当社の施工は基本的には、打ち直しが大半です。打ち増しのほうが、既存のコーキングを除去する作業がないため、コストとしては下がりますが、建物の防水耐久性を考えると、打ち直しがベストです。

シーリング工事の
工程の一例

1.既存シーリング材の除去・養生

1.既存シーリング材の除去・養生

既存のシーリングをカッターなどで壁材などから切り離し、取り除いていきます。シーリングの下にバックアップ材を使っている場合はそれも取り除きます。除去後、必要に応じて養生を行います。

2.プライマー塗布

2.プライマー塗布

プライマーとは、外壁材などの部材と、コーキングの接着効果を高める接着剤の役割を果たします。プライマーを塗ることで、シーリングの密着性が高まり、簡単にはがれたりすることがなくなります。

3.バックアップ材

3.バックアップ材

バックアップ材を装填していきます。バックアップ材とは、シーリングの下に埋められるもので、シーリングを充填する深さを調節するほか、温度や湿度により、伸縮する外壁材の場合は、シーリング材が伸縮するのを助ける役割があります。

4.シーリング工事

4.シーリング工事

シーリングを注入する作業です。シーリングは多めに打ちそれをヘラで押し込みながら表面を滑らかにするやり方が一般的です。
シーリング材が硬化を始める前に養生テープを剥がし、周囲の清掃と確認をし、シーリング工事は完了となります。

取扱いメーカー

取扱いメーカー